■(Special) AYURVEDA INFORMATION

<生活を変える> ・「アシュタンガ・フリダヤ」第7章50節  悪い影響を消すのにも、良い影響を増やすのにも、長い時間がかかる。  一度手に入れた良い状態は、二度と手放すことのないように、  安定を保たねばならない。 アーユルヴェーダを生活に取り入れて初めて、 その効果を身をもって知ることができます。...

<意識と瞑想> 瞑想をすることで「本当の自分」を見いだし、 精神的にも感情的にも健康な状態を保つことができるようになります。 すでに瞑想を行っている人は、そのまま続けてください。 初めての人は、まず心を静寂にする練習から始めます。 最初は、さまざまな疑問が頭に浮かんできます。 正しく瞑想をする方法は?目的は?...

<個人の独自性> 不当な評価を受けたり、一方的に決めつけられたり、また深く傷ついた心のままでいると、孤独感や孤立感を抱くようになります。私たちはみな、宇宙の創造物の一部なのだという意識が消え、ますます孤立していきます。悲しみや苦しみを自分だけのものと考え、人間は、喜びや悲しみを共有しているのだということも忘れてしまうのです。...

『様々な関係』 生きるということは、様々な関係を持つということです。 あなたの心の平和が、あなたとあなた自身、自分の体、苦しみ、 考え、感情、パートナー、家族、友人、同僚、仕事、余暇の遊びなど、 あなたを取り巻く周りのものすべてに影響し、 また、あなたも影響を受けるのです。 自分自身との関係がうまくいけば、...

『抑圧された感情と体』 喜ばしくない感情や抑圧された感情が、 ドーシャを乱すということは、以前ご説明いたしました。 また、癒されない感情は組織に弱点を作りますが、 ドーシャが乱れ、組織にまで広がらない限り、 その兆候は表にあらわれません。 マッサージは、7つのタイプの組織にまで効果を発揮します。 これらの組織は皮膚の層と関連していると、...

『感情を理解するということ』 感情をすぐに表に出す人は、抑えるより出す方が良いといことだと思っているようです。しかし、感情は抑えたり、表に出したりするのではなく、理解するものだとアーユルヴェーダでは教えています。理解することで、感情はかたちを変え、発散していくのです。...

世界中で評判の高い「アーユルヴェーダ」製品が、『健康』をテーマにダイエットやアンチエイジング製品に登場しています。いったい「アーユルヴェーダ」の何がそんなに評価されているのか…!?SUCCESS-DIETサイトでは、「アーユルヴェーダ情報局」として、その豆知識をコラム連載して参ります。ぜひ、ご一読下さい。 『野菜を食べる』...

『心と感情』 「チャラカ・サンヒター」第8章6節で、アーチャーリヤ(法を教授する師匠や僧侶)は、 人が繰り返す行動に、その人の心が表れると説いています。 それは、表れる行動の性質こそが、人の中で一番強く働いている性質に違いないからである、とされています。...