体臭は7つの原因から生まれる!

 サクセスダイエットのMr.コンサルです!

体臭に関して(サクセスアンチエイジング分野)、おもしろいお話を入手しましたので、是非ご参考になさって下さい!

 

1.  仕事に忙殺…、気付けば「オス化臭」

女性にも男性ホルモンが存在し、不規則な生活やストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れると男性ホルモンが強く出てしまいます。皮脂の分泌が増えてニキビが出来易くなるくらいならまだしも、あごに太いひげが生えてくることも。さらにベタベタした皮脂が増え雑菌が繁殖し、これが『オス化臭』です。

 

2.  ケモノ並み?「肉食女子臭」

こちらは文字通り肉が大好きでよく食べるという人。肉ばかり食べて動物性の脂質を多く摂取すると、皮脂の分泌が増えてそれが酸化し臭いの元となります。また、汗がアンモニア臭を放ったり便秘になりやすかったりするため、口臭が強くなるなど『肉食女子臭』がつきものです。最悪ですね。

 

3.  スリムできれいでも「ダイエット臭」

糖質制限ダイエットが流行っていますが、これらは糖質をとらないことで代わりに体内の脂肪を燃焼させて痩せるというものです。その過程で出てくるのが「ケトン体」で、この時に汗や尿、口からもケトン臭がするといわれています。ダイエットのし過ぎや間違ったダイエットが原因の『ダイエット臭』です。

 

4.  女性ホルモンが乱れて「加齢臭」

『加齢臭』は、そもそも中高年の男性に出る臭いとして認知されたのですが、実は女性にも存在します。女性ホルモンの分泌が活発であれば、エストロゲンによる抗酸化作用で皮脂の酸化を防ぎ加齢臭が出ることはほとんどありません。しかし、更年期以降、女性ホルモンの分泌が低下すれば、男性の酸化臭と同様のメカニズムで、臭いが強くなるのです。

 

5.  頑張ったご褒美が「疲労臭」

「なんだか最近、とっても疲れている…」という場合「疲労臭」を放っている可能性があります。疲れがたまると体内にはアンモニアや乳酸が蓄積され肝臓でも処理しきれなくなる為、アンモニアが血液を巡り汗に出てくるようになります。これが『疲労臭』の原因。ツンとしたアンモニア臭がするようになったら、体が疲れているサインです。

 

6.  ものぐさじゃないのに「ズボラ臭」

ここでいう『ズボラ臭』とは、真にだらしのない人を指すわけではありません。例えば、毎朝シャンプーをしていても、髪や耳の後ろなどシャンプーのすすぎ残しがあるまま乾かしてしまうとそれが臭いの元になってしまいます。また洗濯物も要注意です。洗濯物をカゴや洗濯機に放置すると、雑菌が繁殖して臭いの元になり、その臭いが服に染みついてしまいます。こまめに洗ってしっかり乾かすことが大事です。

 

7.  追い込まれれば追い込まれるほど「ストレス汗臭」

ストレスをため込んだり不規則または不摂生な生活をしていたりするとくさい汗が出ます。それが『ストレス臭』。緊張や興奮等強いストレスを受ければ自律神経のバランスが乱れます。体を覚醒させ活発に動かす交感神経ばかりが優位になり、体をリラックスさせる副交感神経がなかなか優位にはなりません。臭いの強い汗を出すアポクリン腺は、交感神経によって刺激され汗の分泌が増えるといわれています。すなわち、交感神経ばかりが優位に働くとストレス汗臭が出てしまうのです。リラックス!リラックス! 
SUCCESS-DIET / SUCCESS ANTI-AGING