第8章:SUCCESS-DIET LIFE の秘訣「継続は力なり!」

 

「第8章:最終章」となりました。

 

「第1章~第7章」までの内容、ご理解頂けましたでしょうか!? このマニュアルに、私の体験と研究の成果の全てを網羅する事はできませんでした。出来るだけ簡潔にした方が良いと考え、第1章から第8章の構成で仕上げました。後は、このマニュアルを信頼されるかどうか?そして本気で実行しようと決意されるかどうか?‥です。どんなに素晴らしい台本が出来ても、物語の完成度は、それを演じる主役の方の行動力次第です。

 

 私は、ダイエットというのは、英会話とジョギングに似ていると思っています。一日一日の積み重ね、生活習慣の見直し、そして続けて行く!という強い意識。その成果は少しづつ得られるものである為、自分自身ではその変化に気が付きません。しかし、人生を振り返る年代になってみた時、英会話を話せる人とそうでない人、数キロのジョギングを日課にして走るのが楽しいという健康な人とそうでない人、生活習慣の見直しに成功し健康的に若々しい人生を送っている人とそうでない人‥。これらに共通するのは、ライフスタイルの一部分として継続し続けた事で得られる成果です。ダイエットの場合は必ずより健康というご褒美が付いて来ます。また、日常生活の動き全体が身軽になります。更に、老後も健康を維持する確率が高くなります。何よりも、皆様が一番求めている美容と若々しさが得られ、彫刻を削りとって創り上げた作品の如くアピアランスに変ります‥。

 

しかし、日々の継続が求められる行動というものには、どの分野に於いても必ず「3週間3ヶ月3年」という壁に突き当たるというジンクスがあります。ダイエットライフの場合も同じで、1か月目あたりから、無性にご飯やパンを食べたくなります。たまには良いだろうと考え1日だけのつもりが1週間続いてしまったりします。しかしこれは意識しての事ですのでイエローカードです。すぐにリセット出来ます。3か月目くらいになると、自覚出来るくらい減量が進み始めています。少しぐらい良いだろうという気持ちが強くなり、糖質ダイエットの副作用として生じる甘い物への欲求が強まることで手を出し始めます。また、久しぶりにご飯を思いっきりほおばって食べたり、麺類やパンをたらふく食べたりという日もあります。ただ、定期的に体重を計測していますので、これまでの実績が後押しして、また初心に戻る事が出来ます。やはりイエローカードです。ご飯は出来るだけ朝にしっかり食べるようにしましょう。もし夜もご飯への欲求が高まった時はお寿司にします。またパンの場合は、食パンなどは避けて、中に何か入っている種類のパンを選んで下さい。スイーツは、和菓子の方がベターです。とにかく極力糖質の量をミニマイズする様に心掛けましょう。そして3年目のジンクスについてですが、これは完全にレッドカードで退場です。壁といっても次元が全く違います。これに失敗して元に戻ってしまっている方々が殆どだろうと推察します。気が付いたら元の体重に戻ってしまっていた‥というものです。3年の努力が3か月~半年で元の状態かそれ以上にリバウンドしてしまいます。3年先の事ですが、非常に大切な事ですし、知っているのと知らないのとでは大違いですので、ご参考までにご説明しておきます。一度きりですので、頭に叩き込んでおいて下さい。

 

私も、1回目の10kg減量達成時に(減量方法は今回とは違います)、2年目頃にこの壁にぶち当たり、完全に元に戻ってしまいました。その学習によって、サプリを加えた当マニュアルが出来上がりました。そして10kg減量達成以降に何度も怒って来る「いわゆる3年目の壁」も克服し、現在に至っております‥。では、3年目の壁(ジンクス)とは一体どういうものなのか…!?無性に食べたくなるという現象では無く、自分自身の心に宿し始める「誘惑」です。その誘惑の原因は、ダイエットに成功したという「自信」です。つまり眼に見えない心に生じる壁です。

 

ダイエットライフの長い期間中、これまで体に染み込んでいる日本の食習慣(朝昼晩の3食、夜が一番豪華、主食としてご飯やパンが存在‥等)は消えずに残っています。いつも思いっきり食べたい!という気持ちがよぎりながら生活している状態です。しかし、たまにたくさん食べてみてもすぐに満腹感が得られ以前の様にドカ食い出来なくなっています。サプリの効果もありますが、1年間で完全に胃が少し小さくなっているのです。このとき、「自分はたくさん食べずに済む体になったのだ!」というダイエット成功の自信が強く湧いてきます。その瞬間から、これまでのダイエットライフのマニュアルルーティーンや腹八分目ルールを気にせず食べ始めます。そしてこういう気持ちになるのです‥「もし太り出したら、またダイエットライフを徹底すればいいんだ‥!いつでも痩せられるから‥!」。これが自信からくる誘惑という3年目の壁の姿です。それが始まり出すと毎日続きます。胃は瞬く間に元の大きさに戻り、満腹感というのは胃の大きさで決まりますから徐々に食べる量が増えて行きます。そうなると当然炭水化物の主食が増加します。そして元に戻ってしまう結果となってしまうのです。リバウンドの原因は体の要求にあるのですが、リバウンドに繋がる行動は心の問題なのです。結局元の木阿弥です。こういう結果を招いた人達は皆さんこう言います‥「やっぱり太る体質なんだ」と‥。 以上、成功されることを前提に申し上げました。忘れずに覚えておいて下さい‥。

 

私が考えるダイエットの成功というのは、1年で大幅な(現体重の10%以内)減量は可能ではあるけれども、殆どの方はリバウンドしているという状況の中で、その後の長きに渡る人生のライフスタイルでの継続により、身軽で健康な老後を迎えて初めて成功したと言えるものです。単発で売られているダイエット食品や、1か月で○○kg減量出来ますとうたうトレーニングジム等のダイエット法とは違い、「健康を維持する為のライフスタイル」というコンセプトから発送し創り上げたものです。たかがダイエットでは無く、されどダイエットなのです。もし高い壁にぶつかった時は、遠慮なくご連絡下さい。私には、SUCCESS-DIETと、SUCCESS ANTI-AGINGの、日進月歩で進化する世界最前線の海外サプリという秘密兵器がございますので応急措置が可能です。結局、太る体質改善には海外サプリの貢献度は大なのです‥!

 

最後に、この「必ず成功するサクセスダイエットマニュアル」には一つだけ問題があります。それは、1年後、鏡を見る癖が付いてしまう事です(笑)。では、『頑張りましょう!サクセスダイエットへ!』