第4章:減量効果を最大化する為の「食習慣」

 

ダイエットに食事は最大の要素です。実はR○○○○も決められた食事療法で痩せてるんです。トレーニングはおまけです。前回は「食べ方」というテーマについて述べました。今回は「食習慣=内容」に関してです。これも糖質ダイエットに基づいています。しかしあくまでもバランスが重要です。徹底し過ぎは危険性をはらんでいます(後にその理由を述べます)。そういう意味では、糖質ダイエットは健康面では「もろ刃の剣」なのです。

 

私がテーマとしている『無理せず着実に1年計画で…』を提唱している理由の一つに「急な糖質ダイエットは危険!」というのがあります。一月で○○kg痩せる!等と言うキャッチフレーズのダイエット商品情報には必ず疑ってかかって下さい。健康増進につながってこそダイエット成功と言えるのだ!という考えを共有しましょう。それでは「食習慣」について要点を以下に記します(一部前回と重複します)。

 

1.主食とされる「米・麺類・パン」は控える。

出来るだけ朝だけにする。もし夕食に食べたいときは「お寿司」にします。

 

2.腹八分目にします。

人間の能で感じる満腹状態は120%の状態です。満腹感というのは5分後くらいにやって来ますから、食べ終えるときは腹八分目くらいにしておく必要があります。それで5分後はちょうど満腹状態になります。この一寸我慢する習慣が大切です。ゆっくり食べればストレスは感じません。

 

3.おかずが主食になります。

これまでの主食はご飯(パンや麺類)という考えを改め、炭水化物系以外の「おかずを主食」にして下さい。いわゆる欧米型の食事ですね。「肉類(牛・豚・鳥)」や「魚類(全て)」そして「野菜類や豆腐類(全て)」等は 殆ど糖質ゼロですから、これらの料理をおかずでは無く主食としてしっかり食べて下さい(でも腹八分目ですよ…!)。

 

4.油料理が増えてしまいます。

上記のおかず=主食の食材は、どうしても焼き物・炒め物・揚げ物として食べる機会が多くなります。つまり油料理が増えます。しかも食材そのものに油が多い肉や魚です。ここに大きなリスクが存在しています。下記注釈をご一読下さい。

 

※注)急激で無知な糖質ダイエットは、皮下脂肪が減って痩せるけれども、血液中のコレステロールや中性脂肪、あるいは内臓脂肪が急増します。これが何度も申し上げている糖質ダイエットの危険性です。しかも肥満以上に怖い病気を起こすリスクがあります。芸能関係の方で半年で30kg減に成功された方が突然亡くなられたというニュースも聞いています。糖質ダイエットで最も注意しなければならない重要点です。

 

5.料理のスケジュールを立てます。

鍋料理を多く取り入れましょう。熱湯で肉類の油が減少します。そして野菜も美味しく食べられます。豆腐料理もふんだんに。漬物とみそ汁は控えめにしましょう(塩分が多い為)。

 

6.油料理が多い為サラダ油は厳選する。「ココナッツオイル」が絶対的なお薦めです。その理由は長くなりますのでここでは省かせて頂きますが、NETでHPへリンクさせていますのでご確認下さい。ココナッツオイルは健康に良いスーパーオイル油です。とにかく、糖質ダイエットの食習慣は「油に注意!」です。

 

7.ご飯もので唯一OKはお寿司。これは私の個人的見解なんですが、お寿司はおかずが魚でご飯にはお酢が含まれていますので、糖質ダイエット中のご飯類としては最高のメニューです。とは言うものの食べ過ぎにはご注意を!まあ週に一度くらいは良いという事にしましょう…!

 

8.お酒類ですがビールと日本酒は「糖質ゼロ製品」を。ただし、例え糖質が減ってもアルコールは変わらず同じだけ含まれています。既述の油の取り過ぎ同様に、アルコールの取り過ぎも大きな問題があります。健康ダイエットに本気で取組む為には、運動同様に、お酒を減らす!という生活改善にも努力しましょう。

 

9.デザートスイーツは控えるか少しだけに。

果物には果糖という糖質が多く含まれていますので夜は駄目です。朝の果物は充分取って頂いて結構です(その後仕事などで動きますから)。私はリンゴとみかんは皮ごと食べています、皮に栄養があり糖質を抑える効果があるんです。みかんを皮ごと食べていると言ったらゴリラか?と笑われましたけどね。でも美味しいですよ~、是非試してみて下さい。

 

10.コーヒー紅茶は砂糖抜きで、牛乳の飲み過ぎは要注意(朝だけに)。みそ汁も朝だけにするか控えめにして下さい。日本人は朝昼晩ともに漬物・味噌汁・おかずに醤油…という具合に塩分を多く摂取する食習慣があります。減量が進んで行きますと血液中のコレステロールが減少します。コレステロールというのは血管の壁の役割も果たしているのです。塩分が多くなると血液濃度が上がる為、血圧が上がった場合に血管を打ち破り脳卒中などの危険が出て来ます。

 

‥以上、『食習慣』に関して10項目上げました。もっといろいろありますが、これだけ徹底して頂ければ充分だと思います。しかし、日が進むにつれご飯やパンやスイーツを無性に食べたくなってきます。これが続くとストレスとなり黄信号となって来ます。それを克服する為の私の厳選サプリを用意いたしておりますので後に記述致します。