第3章:太るメカニズムを克服する「食べ方」

 

それでは具体的な方法について述べていきます。マニュアル内の医学的なことに関しては、専門家ではありませんので解釈や表現が少し間違っている場合があるかもしれませんが、そこはアバウトでご了承ください。

 

まず「食事」についてです。食べ物の内容は次のテーマとして、今回は「食べ方」に関してです。実は非常に大切な事なんです。糖質ダイエットに詳しい方は既にご存知かもしれませんが、私の実践経験を書きますのでご存知の方もご参考下さい。

さて、太るメカニズムについて3つあると考えています…。

 

①太る体質か太らない体質か‥?

②運動量よりも食べる量が多いか少ないか‥?

③「食べ方」が太り易いかそうで無いか‥?

 

①についてはDNAの問題ですからあきらめましょう。②については殆どの人が若い頃より運動不足で太っているというのが実情です。社会人になると仕事が忙しく夜のお付き合いも多い為、運動を増やすというのは非常に困難です。③の「食べ方」は意識すれば簡単に出来ます。まず「食べ方」についてご説明致します。

 

糖質いわゆる炭水化物ですが(正確には繊維分を除いたもの)、代表的なものとして「ご飯:米」「うどん・そば・ラーメン・スパゲッティ等の麺類」「パンやピザ:小麦」…と言った日本人が主食と言っている料理です。その反対におかずとされているのが、「お肉:牛、豚、鳥」「魚」「野菜」「豆腐や納豆:大豆」等があります。今回は食べる順番の話です。ご飯などの炭水化物が空きっ腹の胃に入ると脳からの指令で膵臓からインスリンというホルモンが分泌されて皮下脂肪として蓄える働きをします。しかし、まず野菜やお肉やお豆腐等のおかずを食べてから、最後にご飯を食べるとインスリンの分泌量が減るのです。つまり、懐石料理のコースの様な順番の食べ方をすれば太りにくいという事です。これは皆さん簡単に出来ますよね。何故こうすればインスリンの分泌量が減るのか?脳が炭水化物が胃に入ってきた事をキャッチしづらくなるから…と私は考えています。

 

そこで私が続けてきた「ダイエット風食べ方」は…!?

 

1.朝昼晩の食事の時まず最初に「野菜ジュース」をコップ半分くらい飲みます。

空っぽの胃を野菜で覆うようにするのです。野菜不足を補うことにもつながり栄養面でも凄く良い事です!これはその後に炭水化物が入って来てもインスリンの分泌量を抑える事が出来るからです。

 

2.食事を始める最初に「もずく酢」「めかぶ」「納豆」等を食べます。

小さなパックで安く売っています。これらもみな体に抜群に良い食べ物ばかりです!そして酢がまたアンチエイジングに欠かせないのです。ところで、何故これらを食べるかというと、野菜ジュースで覆った胃壁に更に粘り気のある食べ物を入れることで、更に最後に食べるご飯などの炭水化物(糖質)が胃に入って来た時のインスリンの分泌量を抑える為です。

 

3.ビールやお酒やウィスキーと一緒におかずを主食にします。

おかずは、「肉料理」「天ぷら」「魚料理」「野菜料理」「豆腐料理」「お惣菜」「鍋」‥等。餃子やかまぼこ等の炭水化物が含まれているのは避けます。お酒には要注意。ビールと日本酒は最近発売の「糖質ゼロ」を選んで下さい。ウィスキー、焼酎、赤ワイン、ジン等は元々糖質ゼロです。味は落ちますがお酒類はこのようにして選んでください。

 

4.さて最後にご飯ですが出来ればパスして下さい。基本的に主食はおかずです。

少しならOKです。出来ればご飯は朝食べて下さい(その後仕事などで体を動かしますから)。夜はご飯や麺類は避けましょう。しかし、これだけでは満腹感を感じない…!?そのために厳選サプリを用意しています(後に記述)。

 

「食べ方」については以上ですが、お酒が入ると意識が低下します。また、これまでの長きに渡る食習慣が理由で、お腹がほぼ一杯になっているにも拘らず、ご飯を最後に食べたくなったりします。ここは注意して下さい。

 

さあ始めましょう!